自動車税はKyash残高とクレジットカードでポイントをお得に貯める【実質2回払い】

自動車税はKyash残高とクレジットカードでポイントをお得に貯める【実質2回払い】

毎年ゴールデンウィークが終わって最初の痛い出費で、それが「自動車税」です。

税金は値引きできないため、少しでもお得に、簡単に支払える方法を提案します。

◆目次◆

1.自動車税のおさらい
2.自動車税の支払い方法は
3.クレジットカードとKyashでお得に納付
4.お得度を確認する
5.まとめ

1.自動車税のおさらい

自動車税は都道府県に収める税金で、毎年4月1日時点での自動車検査証(車検証)の所有者に対して納付書が送付されて来ます。

税額は排気量によって自家用乗用では標準課税(初度登録が令和元年10月1日以降の場合は、それ以前よりも幾らか減額されました)が25,000円から110,000円まで0.5リットル刻みで決まっています。

軽自動車の自家用乗用では軽自動車税となり、一律10,800円です。

納付期限は5月末日(末日が祝日の場合は翌営業日迄)までとなります。

【スポンサーリンク】

2.自動車税の支払い方法は

自動車税の支払い方法は、以前からあるコンビニや金融機関等の窓口払いに加え、インターネットを介した支払いも一般化しました。

各都道府県から納付書が送付され、利用できる支払方法にも違いがあります。

自分の車は千葉県登録のため、千葉県から納付書が送付されてきました。

自動車税納税通知書
きたきた自動車税

【参考】千葉県での納付方法

千葉県の納付方法には幾つかの手段があります。

  • 自動車税事務所での窓口納付
  • 金融機関窓口での納付
  • コンビニエンスストアでの納付
  • モバイルレジでのインターネット納付
  • クレジットカードでのインターネット納付
    一括払い・分割払い(3回・5回・6回・10回・12回)・リボ払い
  • ペイジー(Pay-easy)でのインターネットバンキング/ATM納付

3.クレジットカードとKyashでお得に納付

「クレジットカード+Kyash」でどの程度お得になるのか、実際に納付操作をしながら確認します。

Kyashは2020年2月から新しいKyashカードの発行を開始しました!新しいKyashでも同じ方法で決済できます。

【実録】2020年2月25日「Kyash Card」発行開始!申込から到着まで

2020.02.27

納付シナリオ

納付金額(34,500円)を一括で払えないため、ネットマイル残高をKyashにチャージし、不足分を自動チャージで紐づけたクレジットカードから支払う。

できること
・インターネットで簡単にオシハライ!
・「実質2回払い」で手数料不要でオトク!
・クレジットカードのポイントでオトク!
できるないこと
・Kyashのキャッシュバックは、税金が対象外!!

対象外の取引

  • 公共料金のお支払い
  • 各種税金、ふるさと納税のお支払い

引用:キャッシュバック対象となる取引

実践編

納付シナリオを実践します。

(1)Kyash残高にチャージ

すぐたま」で獲得したマイルをKyash残高に充当します。

すぐたま経由でアンケート回答やサービス購入によりマイル還元され、貯まったマイルを商品券や銀行口座への入金、他のポイントプログラムへ移行できるお得なポイントサイトです。

Kyashもすぐたまから申し込むことで、Kyash残高に充当できるマイルをゲットできます。

8,000マイル(8口)をKyash残高4,000円分に充当しました。

Kyash交換の場合、交換手数料がかからず、即時充当されます。

貯まったマイルをKyashに交換できます
手数料なし!即時交換!
1,000mile単位で交換可能
1,000mile単位で交換可能
8,000mileがKyash残高4,000円分になりました
8,000mileがKyash残高4,000円分になりました
Kyashに即時充当されました
Kyashに即時充当されました

自動チャージ設定も併せて行っておきます。

不足分はチャージ設定したクレジットカードで支払います。

【実践!】KyashリアルカードとOrigami Payでキャッシュバックとポイントを3重取りする

2019.04.04

(2)県税サイトからの納付手続き

Kyash残高と自動チャージの準備ができたら、県税サイトで納付手続きします。

県税サイトにアクセスします
県税サイトにアクセスします
納付書を見て入力します
納付書を見て入力します
システム利用料がかかります
システム利用料がかかります
納付手続き完了受信用メールアドレスを入力
納付手続き完了受信用メールアドレスを入力
カード情報入力1
カード情報入力1
カード情報入力2
カード情報入力2

カード名義はカード券面に記載の名義で手続きします。

納付完了です
納付完了です

4.お得度を確認する

Kyashとクレジットカードで支払ったことでどのくらいお得になったのか確認します。

支払内訳

Kyash支払 4,000円
クレジットカード支払 30,500円


合計 34,500円
※決済手数料324円は除いています

お得度はどのくらい!?

  • Kyash支払 4,000円
    税金支払いのため、キャッシュバック無し
     
  • クレジットカード支払 30,500円
    1%ポイントとして305ポイントゲット!!
Kyash履歴
Kyash履歴

Kyash履歴上は全額決済となっていますが、クレジットカードはKyash残高で足りなかった30,500円(手数料除く)のみが請求対象となります。

クレジットカードの請求
クレジットカードの請求
34,500円を3回払いにした場合の金利手数料
100円当たりの分割手数料は、2.21円とします。
 34,500円*(2.21円/100円) = 762円

金利手数料負担(762円)がなく、クレジットカードポイントが獲得できます

\\ 実質2回払いです //

Kyashのキャッシュバックは手数料分のみ

Kyash利用分のキャッシュバックは「税金対象外」ですが、意外にもクレジットカード決済利用手数料分はキャッシュバックされました。

決済手数料324円の2%(端数切捨て)で6円です。

手数料分はキャッシュバックされました
手数料分はキャッシュバックされました

【スポンサーリンク】

5.まとめ

Kyashは税金支払い時にキャッシュバックされませんが、自動チャージと合わせて実質2回払いができることを確認しました。

手持ちが満額無いけど、手数料を少しでも節約したい場合に是非使ってほしい支払方法です。

消費増税もあり、●●Payが乱立する中、様々な方法で自分なりのお得を模索して、キャッシュバックやポイントゲットを楽しみましょう。