Visa LINE Pay(ビザラインペイ)クレジットカードでチャージ&ペイを使う

Visa LINE Payクレジットカードでチャージ&ペイを始めよう!

先日発行されたVisa LINE Payクレジットカードでチャージ&ペイを利用します。

今まで事前チャージが必要だったLINE Payは「Visa LINE Payクレジットカード」でのみ、LINE Payアカウントに登録することで、事前チャージ不要のチャージ&ペイが利用できるようになります。

これで、事前に銀行口座やコンビニなどから残高をチャージしなくても、LINE Payでの支払いが可能になり、利便性が向上します。

LINE Payでチャージ&ペイを設定して利用するまでを解説します。

記事内で使用する端末はiPhone(iOS)ですが、Android端末でも同様に利用できます。

チャージ&ペイを利用するための「Visa LINE Payクレジットカード」 発行については、過去の記事をご覧ください。

【実録】Visa LINE Pay(ビザラインペイ)クレジットカードの申込⇒審査⇒カード到着までを解説

2020.07.10

◆目次◆

1.LINE Pay利用登録を行う
2.LINE Payをチャージ&ペイで利用する
3.LINE Payアプリで素早く決済
4.まとめ

1.LINE Pay利用登録を行う

LINE Payを使ったことがないため、まず始めはLINE Pay自体への利用登録が必要です。

LINEアプリから利用登録する

短時間で利用登録は完了します。

  1. LINEアプリを起動してウォレットからLINE Payを起動します
  2. はじめるをタップして全ての利用規約に同意します
  3. 直ぐに登録は完了し、利用できるようになります

LINE PayアカウントにVisa LINE Payクレジットカードを登録する

チャージ&ペイを利用するには、LINE PayアカウントにVisa LINE Payクレジットカードを登録する必要があります。

カード番号等を入力する必要があるため、手元にカードを準備しておきましょう。

  1. カードの申込・登録⇒クレジットカードを登録をタップします
    ※カードの新規申込をここから行うこともできます。
  2. 同意しますをタップして利用規約に同意します
    同意しないと利用することはできません。
  3. Visa LINE Payクレジットカード情報を入力してカード登録をタップします


    カードを見ながら必要事項を入力します。

    氏名は、カード券面と同様に名⇒姓の順番です。
    カードニックネームは、登録情報一覧上に表示されるため、複数カード登録をする場合等の判別用に利用できます。

    ・カード番号
    ・有効期限(MM/YY)
    ・セキュリティコード(CVC・CVV)
    ・名(半角ローマ字)
    ・姓(半角ローマ字)
    ・カードニックネーム(任意)
    ・メインカードとして保存にチェック
     
  4. コード支払い用のカードに設定します
    Visa LINE Payクレジットカードを使ってチャージ&ペイを利用するため「はい」をタップします。
  5. Payパスワードを設定します
    画面の指示通りに6桁の数字をPayパスワードとして入力し、確認のために再度入力して設定します。
  6. Face IDの使用を設定します
    Face IDを使ったセキュリティを利用するか設定します。
  7. クレジットカード認証を行います
    Visa LINE Payクレジットカードを発行する三井住友カードのインターネットサービスVpass(ブイパス)に登録したパスワードで認証します。

    一般的にこのような認証は3Dセキュアと呼ばれ、クレジットカードの不正利用防止を目的とした本人認証サービスの一つです。
      
  8. カード登録を確認します
    問題なければ登録完了メッセージが表示されます。

    ウォレット画面を確認すると、チャージ&ペイに登録されたことが確認できます。

\ 利用準備完了 /

【スポンサーリンク】

2.LINE Payをチャージ&ペイで利用する

LINE Pay及びチャージ&ペイの利用登録が済んだので、実際にLINE Pay加盟店での支払いに利用できます。

スキャンには方式がある

他のコード決済でも同様ですが、コードをスキャンする方式として2つの方式があります。

利用する加盟店によって、使える方式が異なります。

  • お店側がスマホ上のコードを読み取る(スキャン方式)

    お店側のレジに接続しているスキャナからスマホのコードを読み取ってもらいます
      
  • お店側から提示されるコードを自分でスマホカメラから読み取る(コード方式)

    お店側から提示されるコードを自分のスマホカメラで読み取る必要があります。

チャージ&ペイで支払う

チャージ&ペイは事前チャージが不要のため、チャージ残高を気にすることなく簡単に決済を利用できます。

利用した加盟店はコード方式だったため、ここではコード方式での決済の流れを確認します。

スキャン方式では、お店側が操作するため、利用者はスマホのコードを読み取ってもらうだけで済みます。

  1. LINE Payアプリを起動する
    ※LINEアプリのウォレットから起動する方法もありますが、私はLINE Pay専用アプリをダウンロードして利用しています。

    LINE Pay専用アプリは、次の「3.LINE Payアプリで素早く決済」で解説しています。
      
  2. コード方式のためスキャン画面に切り替える
    画面右上のコード画面切り替えをタップします。

    ※クーポンやポイントを使う場合は、画面切替前に準備することをお忘れなく!
  3. 店舗から提示されるQRコードをスマホでスキャンする
    スマホ画面の枠内でQRコードをスキャンして読み込ませます。
  4. 金額をスマホから手入力して次へをタップする
    金額は店員さんにも確認してもらい、間違えないように注意!
  5. 最終確認して決済を実行する
    画面最下行の●●円を支払うをタップして決済実行になります。
  6. 決済完了
    決済完了と同時にLINEにもメッセージが届き、取引内容を確認できます。

ポイントは原則24時間以内に付与される

チャージ&ペイでのポイント還元率はLINEポイントクレブのランクによって異なります。

ランククーポン枚数還元率
レギュラー1枚1%
シルバー3枚1.5%
ゴールド6枚2%
プラチナ10枚3%

私はゴールドランクだったため、LINE Payで決済した734円の付与ポイント(14ポイント)が還元されました。

ポイント還元までの期間が短いのは大きなアドバンテージです。

なお、ポイント有効期限は最後にポイントを獲得した日から180日後までとなっているため、失効には注意しましょう!

3.LINE Payアプリで素早く決済

LINEアプリからでは、トーク等の機能もあって操作が煩雑なため、LINE Payアプリを別途インストールする方法もあります。

LINE Payアプリは、起動すれば直ぐに決済画面になります。

これで、LINEアプリからウォレットを経由したり、ショートカットを作るよりは多少素早い操作ができ、レジで慌てることも少なくなるでしょう。

LINE Payアプリをダウンロードします

AppStoreから「LINE Pay」アプリをダウンロードします。

LINE Payアプリを起動して初期設定します

アプリを起動して初期設定を済ませれば、LINE Payアプリを使った決済を利用できるようになります。

  1. LINE Payアプリ起動後にLINEログインをタップする
    自動的にLINEアプリと連携してログイン処理が実行されます。
  2. LINE Payアプリからのアクセスを許可する
    プロフィール情報以外は任意で許可を設定できます。
  3. LINE Payパスワードを入力して認証する
    LINE Pay利用登録時に設定したLINE Payパスワードを入力する必要があります。
  4. セキュリティを設定する
    Face ID及びパスワード認証を設定します。
  5. 通知送信の許可を設定します
    許可しないこともできますし、後で変更することもできます。
  6. LINE Payアプリで支払いができます
    アプリを起動するとスキャン方式の画面が表示されますが、右上の四角い部分をタップすれば、コード方式の画面に切り替わります。

4.まとめ

Visa LINE Payクレジットカードがあれば、LINE Payで事前チャージ不要のチャージ&ペイを利用できます。

「LINE Pay」×「Visa LINE Payクレジットカード」でチャージ&ペイを活用しよう!
  • チャージ&ペイを利用するにはVisa LINE Payクレジットカードが必要
  • Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payに登録が必要
  • LINEポイントクラブのランクに応じて還元率が決まる
  • ポイント還元は原則24時間内で付与される
キャッシュレス決済は簡単便利!