BIGLOBE mobile(ビッグローブモバイル )で通信を始める【Android編】

【格安SIM】BIGLOBE mobile SIM取り付け~通信開始まで

先日申し込んで、既に受け取っているBIGLOBE mobile(ビッグローブモバイル)のSIMをAndroidスマホに挿入し、データ通信/音声通話ができるまでを解説します。

本家ドコモ回線との速度比較もしてみました。

【格安SIM】BIGLOBE mobile(ビッグローブモバイル)申込からSIM到着までの流れ

2020.02.21

◆目次◆

1.利用環境
2.利用開始手順
3.通信速度を本家ドコモと比較してみた
4.まとめ

1.利用環境

BIGLOBE SIMの利用環境です。

手元に空いているのがAndroid端末しかなかったため、Androidスマホで使用することにしました。

  • Androidスマホ
    HUAWEI(ファーウェイ) P30 lite
    ※元々はイオンモバイルで購入したSIMフリー端末です
     
  • BIGLOBE SIM
    音声通話nanoSIM 3GB
    ドコモ回線
    エンタメフリーオプション加入
    新規(MNP転入ではありません)

格安スマホ【HUAWEI P30 lite レビュー】日常使いでは十分な性能でコスパ良し

2019.06.18

【スポンサーリンク】

2.利用開始手順

利用開始に難しいことはありません。

物理的なSIMカードのスマホへの挿入とスマホ側の通信(APN)設定で直ぐに利用を開始できます。

スマホへのSIMカード装着

スマホの電源を落としてからSIMトレイを取り出し、SIMカードを挿して、もとに戻すだけです。

SIMトレイの抜き方と向きに注意すれば、さほど難しくありません。

HUAWEI P30 liteはDSDV対応のため、SDカードとの排他使用になりますが2つのSIMカードを挿せます。

台紙からSIMカードを外してトレイに装着します
台紙からSIMカードを外してトレイに装着します

DSDVを使って2枚のSIMカードを1台のスマホで自在に操る【HUAWEI P30 lite】

2019.06.21
SIMトレイもnanoSIMカードも小さいため、紛失等には注意しましょう。不器用な方やせっかちな方は、イライラするかもしれませんね…

スマホから通信(APN)設定する

電源を入れてSIMカードが認識されていることを確認できれば、後は通信(APN)設定するだけです。

通信(APN)設定前は、電波は掴んでいるけど、通信ができない状態です。

●スマホがSIMカードを認識していることを確認する

SIMカード設定から、SIMカードが認識されているかを確認します。

SIMカードが認識されていれば濃く表示されます

SIM1に、装着したBIGLOBE SIMが認識されています。

認識されないSIMやSIMを端末側で無効にした場合は、SIM2のように灰色になります。

●通信(APN)設定を行う

データ通信が可能になるよう、通信(APN)設定を行います。

幸いにもP30liteには、BIGLOBE mobileのAPN設定(BIGLOBEモバイル タイプD)がインストールされていたため、選択するだけで完了しました。

通信(APN)設定時は、WiFiをOFFにしてから行いましょう。

P30liteには「BIGLOBEモバイル」用のAPN設定がデフォルトで用意されています

選択肢になかった場合でも、BIGLOBE mobileが公開しているAPN設定を自分のスマホに設定すれば問題ありません。

BIGLOBE mobile APN設定値(ドコモ回線向け)
  • APN(接続先)
    biglobe.jp
  • ID(ユーザー名)
    user
  • パスワード
    0000
  • 認証方式
    CHAPまたはPAP
  • PDP Type
    IP
  • APNタイプ
    default,supl,dun
キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク等)で購入した端末はMVNOでの利用を考慮(動作保証)していないため、キャリアで購入した端末を利用する場合は、通信(APN)設定が必要だと認識しておきましょう。

動作確認する

通信(APN)設定が終わったら、実際にネットページを開いて確認しましょう。

ドコモ4Gで接続され、インターネットが見られました

ドコモ4Gネットワークでインターネット閲覧ができるようになりました。

この時、当たり前ですがWiFiがOFFになっていることを確認しておきましょう。

3.通信速度を本家ドコモと比較してみた

無事にインターネットが開通したので、通信速度を計測しました。

果たして、実際の通信速度はどのくらいでしょうか!?

計測条件

  • ドコモが無償で公開している「ドコモスピードテスト」を使用
  • 位置情報及びWiFiをOFF
  • 端末は、ドコモ契約のiPhone11 Pro 256GB
  • 回数は1回のみ

計測結果

今回の計測では、本家ドコモ回線の大体20分の1程度のスピードでした。

  • 本家ドコモ回線
    ダウンロード:42.31Mbps
    アップロード:10.09Mbps
     
  • BIGLOBE SIM(ドコモ回線)
    ダウンロード:2.11Mbps
    アップロード:3.36Mbps
本家ドコモのスピードテスト結果です。
本家ドコモの計測結果
BIGLOBE SIMでのスピードテスト結果です。
BIGLOBE mobile タイプDの計測結果

このスピードで、インターネットやテキストベースのメール、LINEやり取り位であれば使えるかなと体感では思います。

ただ、動画再生等のストリーミングでは、通信速度が安定していない場合にカクカクする感じがありました。

平日の昼間に人が多い場所で使った時に、安定しているか少し不安になりますが、これは、価格とのトレードオフと考えましょう。

「電波は生もの」なので、その時の状態(時間帯、利用場所、利用状況等)によって刻々と変化するため、あくまでも参考程度に留めてください。

4.まとめ

BIGLOBE SIMの装着とスマホを設定すれば、直ぐに使い始めることができます。

BIGLOBE SIMをAndroid端末で利用する
  • SIMカードの装着だけでなく通信(APN)設定が必要
  • 通信(APN)の設定値はMVNOが指定した値を設定する
  • 通信速度に過度な期待は禁物
  • 自分の行動範囲内で実際の使い心地を確認しよう
MVNOで快適なスマホライフを!