車乗り換え時の売却はディーラーvs買い取り専門店どちらにするか【CR-V売却実録】

CR-V売却「ディーラー」VS「買取店」どっちが高価!?

先日RAV4を購入しましたが、今まで乗っていたCR-Vをなるべく高く売却するために、「RAV4を購入したディーラー」と「買取店」で査定してもらいました。

結果、「RAV4を購入したディーラー」に売却しましたが、利点や売却手続きなどを解説します。

車の売却には、個人で直接オークションに出すことや、その代行業者もありますが、ここでは一般的な「ディーラー」または「買取店」への下取り、売却を想定しています。

トヨタRAV4(ラブフォー)2019年モデル購入記【商談・値引き・納期は!?編】

2019.09.16

◆目次◆

1.売却方法(手放し方)の違いを理解する
2.車乗り換え時に最適な売却方法
3.売却の流れ
4.CR-Vはいくらで売却できたのか
5.まとめ

1.売却方法(手放し方)の違いを理解する

車の売却方法(手放し方)は、大きく2つ「買い取り」と「下取り」に大別されます。

買い取り(車⇒現金)

車を現金化する。

【メリット】
 ・下取り価格よりも高い場合が多い

【デメリット】
 ・査定金額の有効期間が短いため、車は直ぐに手放すことになる
 ・高価を引き出すには複数社見積もりや駆け引き(交渉術)が必要

下取り(車⇒車)

車を乗り換えるために、今の車を現金化して次の車の購入代金に組み入れる。

【メリット】
 ・次の車が納車されるまで今の車(または代車)に乗り続けられる
 ・手続きはディーラーのみのため楽

【デメリット】
 ・買取に比べて価格が低くなりがち

【スポンサーリンク】

2.車乗り換え時に最適な売却方法

車を手放すだけの場合は、買取店を探して1円でも高い売却先で買い取ってもらえば良いですが、乗り換えの場合は手放せる時期でどうするかを検討します。

車の価値は日々下落していきますので、一般的には売却時期が早ければ早いほど、春前や冬前が良いです。

直ぐに手放しても良い場合のおススメ

  • ディーラーで査定して貰ってから買取店に査定してもらい、高いほうで売却しましょう
     
  • 複数の買取店への一括査定依頼で効率的に短期決戦を目指しましょう

次の車まで車が必要な場合のおススメ

  • ディーラーで下取りしてもらいましょう
     
  • 納車前に手放す必要がある場合、次の車の納車まで代車を用意して貰えるかも交渉しましょう

3.売却の流れ

少しでも高く手放したいのであれば、査定の前に車をもう一度点検しておきましょう。

査定準備

  1. 車をキレイにする
    車の外、中を確認して少しでもきれいな状態にしておきましょう
     
  2. 付属品の有無を確認する
    スペアキーやオプションの説明書等の紛失や欠品が無いかを確認しておきましょう
     
  3. 車の調子を確認する
    車の運転中やオプションの動作におかしなところはないか確認しておきましょう
     
  4. アピールポイントを確認する
    オプション、外装等、車のアピールポイントが無いか確認しておきましょう
     
  5. 必要書類をそろえる
    自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、リサイクル券は、グローブボックスの車検証入れに入っていると思いますし、自動車税納税証明書は、コンビニ納付であれば領収書を、インターネット納付であれば納付手続きしたメールがある(ちゃんと支払っているか)か確認しておきましょう
自動車税をインターネット納付した場合で、納税証明書が必要な時は、「納税証明書交付請求書」を記入して各県税事務所及び自動車税事務所へ出向いて発行してもらう必要があります。

買取店に連絡する

個々に連絡するのは面倒なので、一括査定サービスを使います。

申込後、人気車種であれば直ぐに電話がかかってきますので、話を聞いて査定日を調整します。

ここで数社に絞り、お願いしない買取店にはしっかりと断りを入れましょう。

これをしないと、頻繁に電話がかかってくる場合があります。

【オススメの買取店】

ガリバー
  • 中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」
     
  • 車種・年式・走行距離 等の簡単な入力で概算価格をお知らせ
楽天
  • 楽天ショッピング等でおなじみの「楽天」の中古車一括査定サービス
     
  • 一括査定の依頼でもれなく楽天スーパーポイントをプレゼント

一括査定依頼時は最低限以下の情報を確認しておきます。

  • メーカー
  • 車種/グレード/カラー
  • 初年度登録
  • 走行距離

査定を受けて売却契約する

いよいよ査定を受けて買取金額が告げられます。

数社の査定を受け、「担当者とのコミュニケーションを通じてココ!」と絞ったら更に高価を出してもらえるよう交渉し、条件が合えば契約します。

  1. 本気度を伝える
    売却を決めていることを担当者に確実に伝えて担当者の士気を高める
     
  2. 確実な売却時期を伝える
    車の価値は日々低下するため、確実な売却時期を伝えて正確な買取金額を引き出す
     
  3. 価格を具体的に出す
    短期決戦となるためお互いの時間が無駄にならないよう「今決めるから○○円にならないか」と伝えることも有効

車を引き渡す

売却先が決まったら、買取業者から指示された必要書類等を揃えて車を期限内に引き渡します。

もし、ローン中の車等で所有権が自分以外(所有権留保)の場合、所有権解除をしないと車は他人に売れません。

所有権解除手続きも買取業者がやってくれますが、車を売却してもローン残債が残る場合は少し面倒です。

  1. ローンの清算金額を確認
    ローン会社に連絡して一括清算金額を教えて貰います
     
  2. 買取金額との差額を確認
    ローンの清算額と買取金額の差(プラスかマイナスか)を確認します
     
  3. 買取業者へ支払う
    ローン残高が上回る場合は、足りない分を買取業者に支払います
     
  4. 買取業者からローン会社へ振込
    実際の清算手続きは買取業者がやってくれます
振込時期によって清算金額や次回引き落とし可否が異なるため、ローン清算金額を確認する時に併せて確認しておきましょう。

売却確認

買取業者での手続きが終われば、買取金額が振り込まれますので確認しましょう。

また、ローン中の場合は後日、ローン契約完了書面がローン会社から来ることを確認しましょう。

自動車税、リサイクル費用等についても、買取金額に含まれない場合は、後日還付になるため確認しましょう。

その他

メンテナンスパック等、途中契約の場合でも未使用分は手数料を差し引いて戻ってくる場合があるため、購入店に確認しましょう。

暫く車を運転しないのであれば、自動車保険の中断手続きをしておきましょう。

4.CR-Vはいくらで売却できたのか

CR-Vは下取りではなく、買取として315万円(税金等還付分は含まず)で、RAV4を購入したディーラーで売却しました。

買取店で交渉しましたが、300万円で精一杯と言われました。

CR-V本体の買取価格は「315万円」でした
CR-V本体の買取価格は「315万円」でした

ディーラーのほうが高額の場合もある!!

  • 車種
    ホンダ CR-V
     
  • グレード
    ガソリン EX Masterpiece
     
  • カラー

     
  • 初年度登録
    2018年12月
     
  • 走行距離
    約5,000km
     
  • 査定時期
    2019年9月上旬

【スポンサーリンク】

5.まとめ

車購入もそうですが、車を手放すときも時間と手間がかかります。

手放し方を決めて、少しでも自分が納得できる価格と条件となるよう、是非、「ディーラー」と「一括査定」を活用してください。

ディーラーと買取店の違い
  • 時間をかけたくなければディーラーで下取りが効率的
  • 少しでも高く売却したければ一括査定も活用して短期決戦で
  • ローンがあっても清算できれば買い取ってもらえる
  • 税金、保険等の手続きも考慮する
愛車を納得して送り出そう